婚約の定義

今結婚をするにあたって、昔の様に段階を踏んで迎える人が少なくなっています。
婚約式や結納を行う家庭も減ってきています。
今までは結納をすることが当たり前でしたが、今では結納を行うと、いいお家柄に嫁ぐか、いいお家柄のお嬢様というイメージを持つ人もいます。
だんだん簡略化されてしまっているのは、時代の流れと共に考え方の違いが生まれてきているからではないでしょうか。

婚約とは結婚をする前に行うもので、近い将来結婚を約束する事を指します。
しかし結婚の様に婚姻届を提出するなど文書として提出するものは特にありません。
そのため口約束の様な形にあります。
二人だけの口約束というものでは無く、婚約の場合は両親や親族はもちろんの事、会社や友人など第三者にも結婚をするという表明にもなります。

事前に周りに知らせる事で二人にとって結婚に対する意識も高くなり、二人の絆も強くなる場合が多いです。
しかし最近では結婚をした事も事後報告になってしまっているカップルも多く、婚約という形をとらない人が増えています。
このような背景になったのにはいろんな理由が考えられます。

婚約をするという事は、何かしら婚約の証になるものを用意するのが一般的です。
最も格式が高いのが結納を挙げる事です。
結納は両家の挨拶の場でもあり、家と家の結びつきを強くする儀式です。
お互いお祝いを贈りあい、お祝いの場を設ける事が多く、それぞれの家庭で負担が大きくなります。
また婚約をする前のプロポーズでは婚約指輪を贈るなど二人にも負担がかかるため婚約という形をとらない人も増えています。